border

行きつけの病院について

いい思い出のない婦人科なので、待合室にいるだけで正直落ち着かないんですよね。

決して座り心地の悪いソファではないんですが、ガッチガチに肩が凝り、心拍数が上がっているのが分かります。

そもそも私の体調不良で病院に行くのは年に1,2回。
病院自体に慣れていない、というのもあるんでしょうね。



ではなぜそこに通っているかというと、そこしか近所にないんです。子供を一時預かりに預けながら行ける個人の婦人科がそこだけなんです。

個人医院なのでお盆休みもあるし、連休なんかは要注意です。(前回の流産が休診時間)

選ぶ余地なく通っているわけですが、先生はなかなか信頼できそうです。

流産の時も初診で「あまり良くないね。」と言われその後流産。不妊の検査をしたことで前回の流産の原因も分かりました。



おじいちゃん先生ですが、わかりやすく丁寧に説明してくれます。(私があまりに暗い顔だったからかも?)

看護師さんたちの雰囲気もよさそうで、アットホームな感じです。ギスギスしている医院は待合室にいるときに分かりますものね。

一週間前の予約にも関わらず無理くりねじ込んでくれたことも感謝です☆



そうして初診が終わり、会計待ちの時、受付の人が近づき、「今回血液検査が実費となりおそらく2万円くらいになりそうなんですが・・・。」と。

やっぱり婦人科高いわ〜!!!!
実費多いんですよね・・・。

しかし、教えてくれたおかげで近所のコンビニへお金をおろしに行くこともでき、スタッフの親切さで2万の出費の心の傷は少し癒えました。



border

最新の記事